肩こり

主な症状

肩、首の周りや背中の筋肉が張って硬くなっている
あまりにも肩がこっていて自分で揉みたくなる
腕を挙げにくい
肩甲骨周りがだるく、痛みを感じる時がある

肩こりは肩が張ったり重くなったりというのが続くので、自分でも違和感があることに気が付いても、「病院に行くほどでは・・・」とそのままにしている人も多くいます。しかしながら、そのままにしていてもつらい状態が治るわけではありませんし、むしろその違和感がストレスを生み、肩こりによるストレスが悪循環を起こさせていることもあります。
このことについては後ほど述べるとして、肩こりを改善するためにも原因が何であるのか、知っていきましょう。

原因

筋肉が硬くなっていく

首や肩の周りにはたくさんの筋肉があり、常に4~5キロある重い頭や腕を支え続けています。そのため、ただ立っているだけでも、首・肩周りの筋肉はずっと緊張し続け、あまりにも長くその状態が続くと筋肉が疲れて疲労物質が溜まり、硬くなります。すると、それが血管に圧力を加えて血行を悪くしたり、末梢神経を傷つけたりすることで、こりや痛みが生まれます。

・デスクワークなどで同じ姿勢のままで座っている
・いつも同じ肩に鞄を掛けている
・冷房で冷えた空間に長時間いる

以上のような状況は、筋肉が疲労して肩こりがおこりやすい状況といっていいでしょう。

特にデスクワークは、画面や机の上を眺めるために前かがみになってしまいますが、その重い頭を前に傾けると、その重さは3倍近くになるので、12~15キロの頭を長時間に渡って支えていることになるのです。
そんな状態であれば、首や肩に大きな負担がかかっているということはおわかりいただけるかと思います。

精神的な緊張・ストレス

肩こりはストレスに起因する場合もあります。

人間には交感神経と副交感神経というものがあって、前者は体と精神の興奮に、後者は体と精神を休めることに関係のある神経です。これらが正常に働いている際には、夜もぐっすりと休むことができます。

しかしながら、過度なストレスがかかっていると、ストレスホルモンが過剰に分泌され、交感神経が余計に働いてしまい、夜になっても副交感神経が正常に働かずしっかりと休むことができなくなります。すると、疲れが取れず慢性疲労となったり、ストレスによって血管が収縮し、リラックスができないような状態に陥ってしまいます。また、このような状態で仕事を行っても作業効率は落ちますので、そのことで自らを責めたりして、さらにストレスになるという悪循環すら生じさせます。

このようにストレスを感じると、全身の筋肉を緊張させ、さらに血管をも収縮させてしまうため、筋肉の中で血行障害を起こしてしまい、筋肉疲労から肩こりを起こしてしまうんです。

眼精疲労

目の周りには薄い筋肉が集まっているため、目を酷使すると、それらの筋肉に疲れやコリを溜めてしまいます。目の奥がぐーっと痛くなる状態といえば想像しやすいでしょう。

そのような疲れが目に蓄積させることで発生するのが、眼精疲労というものです。

ただ、この疲れの緊張は目にだけ影響を与えるのではなく、次第に首や肩にまで及びます。首筋から肩までの筋肉が緊張して血行不良となり、最終的に、首こりや肩こり、さらには頭痛までも誘発されてしまうんです。

セルフケアによる緩和

肩こりは凝り固まった筋肉の緊張状態をほぐしてあげることで防ぐことができます。

こまめに休憩をとる
長時間同じ姿勢をとり続けることを避けて、1時間に1度休憩をとって、軽いストレッチをするといいでしょう。

ストレスを解消する
ストレスの解消法は、泣く・運動する・リラックスできる環境を作る等ありますが、運動をすることはストレス解消の他にも、筋肉を硬くなりづらい筋肉へと変えることができます。

パソコンの画面を目線より下に設置する
目の位置より下に画面があると、眼球が空気に触れる面積が小さくなって、上にある場合より目が乾きにくく、負担が小さくなります。

JUKAKO鍼灸院による治療

当院では、お客様の状態を診て、鍼や灸、整体、マッサージ、耳つぼ療法、吸角(カッピング)を組み合わせたオーダーメイドの施術を行っています。

鍼…★★★
灸…★★
整体…★★★★★
マッサージ…★
耳つぼ…★★★★★
吸角(カッピング)…★★★★

※星の数はあくまでも参考ですので、その時の症状の程度(急性期・慢性期など)によって施術の内容は変わります。


PAGE TOP