眼精疲労

主な症状

目が疲れたと感じる
目が乾く、充血する
瞼がピクピクと痙攣する
目がぼやけたり、かすむ
蛍光灯の光が眩しく感じる
肩こり首こりがひどい
目の奥や頭が痛い、頭が重い
吐き気がする
集中力が続かない
よく眠れない

パソコンやスマートフォンの使い過ぎによって、目が痛くなったり疲れたり、あるいは頭が痛くなったことはありませんか?
それは単に目に疲労だけではなく、ストレスが溜まることで起こっている眼精疲労の可能性があります。

疲れ目?眼精疲労?その違いは?

目が疲れているような状態のことを「疲れ目」と呼ぶことがありますが、「眼精疲労」とはどのような違いがあるのでしょう?

そもそも「疲れ目」という言葉は、「眼疲労」と「眼精疲労」という2種類を含んだ目が疲れている状態のことを指していますが、一般に前者の眼疲労が疲れ目と呼ばれる形で浸透しています。

その眼疲労の症状としては、パソコンを長時間眺めた後にあるような一時的なもので、睡眠などの休息を取ることで自然と解消されてしまいます。症状は軽く、目以外の各部位に悪影響もありません。

一方、眼精疲労はというと、休息をとっても目に溜まった疲労やストレスによって起こる目の痛みや充血、霞は解消されず、さらには肩こりや頭痛、吐き気など目以外の各部位にも症状が出てくるような状態のことをいいます。症状が悪化すると、繰り返す頭痛などの不調によってさらにストレスが溜まって、自律神経にまで悪影響を及ぼし、うつ病のような症状に繋がる恐れもあります。

原因

目の疲れの原因はやっぱり“目”?

目の疲れの最も多い原因は、目の悪さを矯正する際の不良にあります。

眼鏡やコンタクトを強く合わせている場合や、近視や老眼の矯正不足、その他にも左右の視力差が大きいなど、適切な矯正が行われていないがために目は常にピントを合わせようと筋肉を緊張させ、その結果として、目には疲労が溜まってしまいます。

視力が落ちることはよくあります。しかし、その際に視力が落ちる前の眼鏡やコンタクトの使用を続けるのは目への負担でしかないので、定期的な検査を受けて、その度、度数の調整を行うようにすることが重要となるのです。

また、眼精疲労患者の約60%が抱えていると言われるドライアイや、斜位や斜視などの目の位置の異常、緑内障、白内障、眼瞼下垂なども眼精疲労の原因として挙げられます。

これらの病気が原因の場合、まずはその病気を治すことが大切です。

環境にも原因が・・・

現代はパソコンやスマートフォンの普及によって、目を酷使する機会が増えています。
当然そのような画面を長時間眺めていると、目は疲れますし、瞬きが減ることでドライアイにもなってしまいます。その他にも、除湿器やエアコン、また部屋の明るさなどによる乾燥もあったりと、現代はさまざまな環境によって眼精疲労を引き起こしやすい傾向にあるといえるでしょう。

また、ストレスも眼精疲労の原因となります。心理面だけではなく身体面にも影響を及ぼすストレスは万病のもとと言われています。なので、ストレス多い環境は、眼精疲労以外の症状までも引き起こす可能性もあるので、環境の改善ができる場合には、改善に努めましょう。

病気が原因の場合も・・・

風邪やインフルエンザなど、体力が低下している時や、虫歯に歯周病、耳や鼻の病気、更年期障害や自律神経失調症、低血糖、糖尿病、脳の障害などの病気も眼精疲労を引き起こす場合があります。

以上のように、眼精疲労には大きく分けて3つの原因がありますが、このうち1つだけが原因の場合には、眼疲労は起きても眼精疲労となることはそれほど多くないでしょう。いくつかの原因が積み重なることで眼精疲労は起こるので、眼精疲労を治すには、原因のひとつひとつを見極めて治療していく必要があります。

セルフケアによる緩和

慢性的な眼精疲労には、以下のようなケアが効果的です。
ただ、あくまでも病気が原因の場合にはその病気の治療が必要ですし、ストレスが原因の場合にはそのストレスを解消しないと根本的な解決は難しいです。

十分な休息、睡眠をとる
目を閉じると眼球が上を向き、筋肉に無駄な力が入っていない状態となります。同時に目に光が入らない状態となって、よりリラックスした状態となりますので、目を休めるためにも十分な睡眠をとるようにしましょう。

目を温める
蒸しタオルなどで眼球やその周辺を温めると、血行が良くなります。筋肉もやわらかくなったり、交感神経から副交感神経へと切り替わるので、とてもリラックス効果が得られます。

パソコン作業の環境を改善する
パソコンの画面が目線より上にある場合、目が上向きとなり、瞼が開く面積が増える関係で角膜表面の水分が蒸発が進んでドライアイになりやすいといえます。なので、画面は目線に対して、下側に来るように設定しましょう。
また、作業中の姿勢が猫背となっている場合、画面との距離が近づいてしまうため、目の疲れが増してしまいますので、正しい姿勢をキープするように心がけましょう。

JUKAKO鍼灸院による治療

当院では、お客様の状態を診て、鍼や灸、整体、マッサージ、耳つぼ療法、吸角(カッピング)を組み合わせたオーダーメイドの施術を行っています。

鍼…★★★
灸…★
整体…★★★★
マッサージ…★★★★
耳つぼ…★★★★★
吸角(カッピング)…★

※星の数はあくまでも参考ですので、その時の症状の程度(急性期・慢性期など)によって施術の内容は変わります。


PAGE TOP