坐骨神経痛

主な症状

腰から足にかけて痛みやしびれがある
長時間立ったままでいると足に痛みが生じる
体を動かすと足が痛んで長い時間歩けない
安静にしていてもお尻や足が痛む
座っていることもつらい

坐骨神経とは、腰から太ももを通って足先まで伸びる神経の膝あたりまでのことをいいます。この神経がどこかで障害を受けることで、坐骨神経痛は起こります。

多くは中高年に起こるもので、腰から足にかけての鋭い痛みやしびれ、つっぱり、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状の指しますが、坐骨神経痛はあくまでも病名ではなく、それら症状の名称です。
痛みやしびれなどの症状の感じ方やその場所についても人それぞれ異なりますが、腰が痛むとお尻にも痛みが出たり、その両者に痛みがあると太ももも痛くなったりと、ひとつの部位に症状が出ると、それに伴って他の部位にも症状が出てくることがあります。

原因

坐骨神経痛は、その症状を訴えて病院を受診しても、原因がはっきりとわからないことが非常に多いのが現状です。しかし、原因が特定できるものもあり、その中で一番多いのは、腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症です。
この2つは腰部の神経圧迫が原因で起こるものなのですが、これらを発症している方は、併せて坐骨神経痛の症状を訴える場合が多いようです。

原因① 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアになると坐骨神経痛も一緒に起こす傾向が極めて高く、坐骨神経痛の原因のほとんどは腰椎椎間板ヘルニアだといわれるほどです。これにはひとつ理由があります。そもそも椎間板ヘルニアとは、椎間板を構成する部分(繊維輪と髄核)が何らかの原因で破裂し、髄核というゼリー状のものが出てくることで、その周辺の神経を圧迫して痛みやしびれや麻痺などを起こす疾患のことを指すのですが、その髄核に圧迫される神経のなかに、坐骨神経が含まれることがあるので、椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の原因と言われているのです。
腰から足にかけてに痛みやしびれなどの症状が現れるのは、坐骨神経自体が腰から足にかけて走っているためです。

椎間板ヘルニアを発症しているのにもかかわらず、そのまま腰を酷使していると炎症が休まることはなく、当然痛みが引くこともありませんので、椎間板ヘルニアになったらまずは休息をとって炎症を抑えてあげる必要があります。

原因② 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、神経が通る道である脊柱管が腰椎の変形などによって狭くなって神経を圧迫した結果起こるもので、先天的に脊柱管が狭い人などに起こる傾向がありますが、ほとんどが高齢が原因で起こります。

症状としては、足の痛みやしびれ、こわばりなどですが、これらは安静時にはほとんど出ません。が、背筋をまっすぐにして立つと脊柱管をより狭めて神経を圧迫するので、症状が現れ連続の歩行が困難になります。そのため、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という少し歩いては少し休むを繰り返す状態となり、これは腰部脊柱管狭窄症の特徴でもあります。
背筋を伸ばしたり、背中を反らせる姿勢では症状が現れるので前かがみの姿勢が楽な状態です。

また、症状が悪化していくと排尿障害を引き起こすこともあるといわれています。

セルフケアによる緩和

坐骨神経痛の予防法は、同時に腰痛の予防でもあります。

正しい姿勢をキープする
坐骨神経痛を治す一番の方法は、姿勢を正しくキープすることです。
また、それが何よりの予防となるので、日ごろより正しい姿勢を心がけましょう。

冷えないようにする(特に下半身)
体が冷えていると血流障害を起こして、神経痛を起こしてしまうので、患部や神経が集中している臀部を温めると痛みが和らぎます。

程よい運動をする
激しい運動はさらに痛みを引き起こしてしまいますが、適度な運動は筋肉のこりをほぐして血流もよくなります。

ストレッチをする
体の筋肉をやわらかくして、動作が硬くならないようにしましょう。

JUKAKO鍼灸院による治療

当院では、お客様の状態を診て、鍼や灸、整体、マッサージ、耳つぼ療法、吸角(カッピング)を組み合わせたオーダーメイドの施術を行っています。

鍼…★★★★★
灸…★
整体…★★★
マッサージ…★
耳つぼ…★★★★★
吸角(カッピング)…★★

※星の数はあくまでも参考ですので、その時の症状の程度(急性期・慢性期など)によって施術の内容は変わります。


PAGE TOP