四十肩・五十肩

主な症状

腕が水平から上にあがらない
腕をねじったり、上げ下げしようとすると激痛が走る
腕を後ろに回しても痛い
痛みによって着替えや整髪がしづらい
寝返りで肩に激痛が走り(夜間痛)、起きてしまう
肩のまわりがカチカチになっている

これらの症状のように痛みに起因する運動制限がある場合、それは肩こりではなく、四十肩・五十肩の可能性があります。
「最近、肩こりがひどくて・・・」というように思っていても、実は四十肩(五十肩)だったということはしばしばあることです。

四十肩はその名の通り40代からその症状を訴える人が多くなりますが、面白いことに60代以降の年齢では、減少していく傾向があります。
加齢に伴って、それまで動かし続けてきた体のどこか痛み出すのは世の常で、痛みが出てくることも当然と思われています。しかし、四十肩・五十肩に関していえば、その逆。減っていくんです。これは不思議なように思いますが、実のところ、四十肩・五十肩の痛みを60代以降では起こしづらいというちょっとしたトリックがあります。というのも、四十肩・五十肩になると、ある一定の動作をした場合に痛みが起こるのですが、60代以降になると、加齢とともに肩を使った動作が減っていきます。すると、肩を使うこと自体が減少していくわけですから、痛みが起こることも減っていくということなのです。

また、その他の特徴として「利き手とは逆側がなりやすい」、「肉体労働者よりもデスクワークの人の方がなりやすい」ということがあります。
四十肩・五十肩持ちの人の中には、普段肩をあまり使っていないのに、どうして四十肩・五十肩になったんだろう・・・と思われる人もいるかもしれません。
しかし、四十肩・五十肩には、日ごろ肩をあまり動かしていない人の方がなりやすいという傾向にあります。

原因

四十肩・五十肩の一番最初の症状はなんとなく肩がこっているというような具合で、それが1か月以上続くために、そのまま肩こりであると判断して、見過ごしてしまうことがあるのですが、四十肩・五十肩の原因、痛みの起こり方は、肩こりとはもちろん異なります。
そもそも肩こりは筋肉痛の一種で、姿勢の悪さや緊張などの要因で肩や首の筋肉が疲労し、血行が悪くなった結果、肩に張りや痛みが生じるものですが、一方、四十肩・五十肩はというと、関節周辺の組織が編成して起きる炎症が原因とされていて、そのため、医学的には『肩関節周囲炎』とも呼ばれています。

そのメカニズムは、加齢に伴う筋肉や関節組織や血行の変化で、腱(筋肉が骨にくっついている部分)が弱まって炎症が起こります。すると、腫れや痛みが生じ、それによって肩がこわばり、さらに痛みを感じるようになります。また、痛みによって運動制限が出てくると、筋肉が衰えていったり、血行が悪くなっていったりしてしまい、痛みがより強いものとなり、さらなる運動制限が出てきて・・・というような悪循環に陥る恐れがあります。

発症については、主に次の3つのケースとなります。

腱板-腱板は腱が骨に付着している部分のことを指しますが、この腱板が加齢ともに血行が悪くなっていくことで、肩関節の動きも悪くなり、腱板が損傷や断裂を起こして炎症が発生します。

肩峰下滑液包-上腕骨頭を覆うように位置する肩峰下滑液包は関節の動きを滑らかにする滑液をつくる働きと、クッションとしての働きをしています。この部分が炎症を引き起こすと、腫れ上がり、周辺の組織にぶつかって痛みが生じます。

腕二頭筋の腱-二の腕の力こぶにあたるのが上腕二頭筋です。この筋肉の先にある腱に炎症が起こる場合もあります。炎症が起こると、肩関節周辺に影響を及ぼして痛みが生じます。

セルフケアによる緩和

予防には「日ごろから肩を動かす」こと

四十肩・五十肩は加齢と運動不足の積み重ねから起こるものがほとんどです。なので、予防のためには、日ごろからストレッチを行うなどして、適度に肩を動かすということが重要となります。
また、肩の冷えによって血行が悪くなることも避けたいところです。特に厚着をしている冬場よりも薄着で冷房の効いた環境にいることの多い夏場の方が冷えやすくもあるので、一枚羽織るなどして気をつけましょう。

実際に発症してしまったら?

急に肩に激痛を感じた場合には、炎症を起こしている可能性があるので、患部を冷やすことで炎症が鎮まり痛みが和らぎます。ロキソニンや冷湿布を使用するといいでしょう。

激しい痛みではないけど鈍い痛みが続くということもあります。そのような場合には、上とは逆に肩を温め血行の改善をはかることで痛みが和らぎます。

JUKAKO鍼灸院による治療

当院では、お客様の状態を診て、鍼や灸、整体、マッサージ、耳つぼ療法、吸角(カッピング)を組み合わせたオーダーメイドの施術を行っています。

鍼…★★★★★
灸…★
整体…★
マッサージ…★
耳つぼ…★★★★
吸角(カッピング)…★★★★

※星の数はあくまでも参考ですので、その時の症状の程度(急性期・慢性期など)によって施術の内容は変わります。


PAGE TOP