膝痛

主な症状

歩くと痛む
立ち上がるときに痛む
膝を曲げたり伸ばしたりすることが難しい
立っているだけでも痛む
正座ができない

運動や山登りの後に、運動の反動から膝が痛くなったりすることがありますが、普通に生活をしているだけでも膝に違和感があったり、あるいは痛くなったりすることがあります。

そのようなときに考えられる疾患にはどんなものがあるのでしょうか?

変形性膝関節症

中高年に特に多くみられるのが、変形性膝関節症。
変形性膝関節症とは、筋力の低下が原因で体重を支えるクッションとしての働きをしている軟骨や半月板が変形したり損傷したりして、膝関節に炎症を引き起こした症状のことをいいます。そのために筋力が弱まる中高年の発症率が高く、またその中でも、男性より女性の方が発症しやすくなっています。

一番はじめは「何か膝に違和感があるかな…」というくらいなものですが、次第にこわばりを感じるようになり、痛みも出てきます。初期の段階では、立ったり座ったりするときや階段の上るときに痛む程度ですが、症状が悪化していくと、安静にしていても痛むようにもなってしまうのです。

また、炎症に伴って膝に水がたまるということもあります。すると、膝の曲げ伸ばしや歩行がうまくできず動きが鈍くなっていきます。

膝痛を引き起こすその他の疾患とは?

変形性膝関節症以外にも、膝痛の際に考えられる疾患はあります。

それは半月板や靭帯の損傷や大腿骨顆部壊死、他には関節リウマチにランナー膝、オズグッドシュラッテル病などとさまざまです。なので、どのような痛みがあるのか、原因はどこにあるのかとしっかりと見極めて、適切に対処をする必要があります。

原因

膝痛の原因とは?

膝痛を引き起こす原因は多数ありますので、以下に列挙します。

加齢
膝は日常的に使われているので、年齢は今までの膝の使用年数と置き換えても間違いではありません。したがって、年齢が高い方ほど膝を使ってきていて、その分膝の軟骨がすり減っている傾向にあるのです。
また、膝の痛みが出てくると、人はえてして痛みが生じないように行動をするようになってしまいますが、そのような無意識な行動は移動機能を低下させてしまう恐れもあるので適切なものとは言えません。

筋力の衰え・運動不足
膝の周囲にある筋肉は、膝の曲げ伸ばしという基本的な動きをする際など膝関節にかかる負担を軽減する働きがあると言われているのですが、膝の痛みの原因のひとつにそれらの筋肉の筋力低下が指摘されています。
運動不足や痩せすぎなどによって筋力が衰えたり筋肉が硬くなったりすると、筋肉の柔軟性は失われてしまうので膝関節への負担の比重が増え、その結果、膝が変形して痛みが生じるようです。

膝の使い過ぎ
運動不足とは反対に、スポーツなどの運動によって膝を酷使した結果、痛みが生じる場合もあります。
特に「急な動きをする」「ターンをする」「ジャンプをする」というような動作のあるスポーツを継続的にしていると、靭帯に負担をかけ続けることになるので、痛みは増しさらには軟骨や半月板まで損傷させることもあります。

関節の変形(O脚・X脚)
腰や骨盤、また関節の周りの筋肉バランスが悪いために、後天的にO脚やX脚になってしまうことがありますが、その状態のまま膝を使用していると、O脚なら膝の内側の、X脚なら膝の外側の軟骨がすり減っていくので、骨と骨が当たるようになり、痛みが生じていきます。
日本人はとりわけO脚になりやすいと言われているので、注意が必要です。

肥満
全身を支えるために膝には体重の何倍もの力がかかっているので、肥満や急激な体重増加は膝の痛みを引き起こす可能性を高めます。
また、肥満により膝痛が生じた場合、歩いたり運動したりというような動作を避けるようになる恐れがあるので、さらなる体重の増加を招き、痛みも増すという悪循環に陥る可能性も十分に考えられます。

サイズの合わない靴の使用
自分の足に合っていない靴を履いていると、歩行が不安定となってしまうために、足の指の関節に負担がかかって偏平足になってしまうと言われているのですが、その偏平足での歩行では、膝関節に負荷をかける恐れがあります。
また、靴の先に指が当たって痛い場合には、その痛みをかばって歩くようになってしまうので、各部位への歩行時の体重のかかり方が変わり、これも膝への負担を強めてしまう恐れがあるのです。

セルフケアによる緩和

原因のわからない膝の痛みがある場合は、まずは「安静にする」ことが重要です。
ただし、ここで言う「安静にする」は、まったく膝を使用しないということではありません。膝をまったく使用しないでいると、膝周辺の筋力が衰えていくことでかえって膝の柔軟性が失われ、痛みが悪化することがあります。
長時間の歩行を避けたりと、必要以上の負荷をかけないようにし、膝を休めるようにしてください。

また、炎症があると膝が腫れることもあるので、そのような場合にはアイシングをして幹部を冷やすといいでしょう。

JUKAKO鍼灸院による治療

当院では、お客様の状態を診て、鍼や灸、整体、マッサージ、耳つぼ療法、吸角(カッピング)を組み合わせたオーダーメイドの施術を行っています。

鍼…★★★★★
灸…★★★★
整体…★
マッサージ…★
耳つぼ…★★★★★
吸角(カッピング)…★

※星の数はあくまでも参考ですので、その時の症状の程度(急性期・慢性期など)によって施術の内容は変わります。


PAGE TOP